menu

不動産売却に必要な書類

那覇市・浦添市で不動産売却するなら那覇・浦添不動産売却エージェント

那覇市・浦添市の不動産売却は【那覇・浦添不動産売却エージェント】へ

サイトマップ 会社情報

☎︎098-894-5034

営業時間:9:00〜19:00

不動産売却に必要な書類

 

不動産を売却するとき、いろいろな書類が必要になります。そして、それらを揃えるのは基本的には売主様です。もちろん、不動産会社に訊けばどのような書類が必要か教えてくれますし、取得を代行する場合もあります。しかし、取得に時間がかかる書類もありますから、どのようなものが必要かを把握し、確認しておくと「いざ!」というとき慌てずに済みます。

 

必要書類

1.登記済権利証(登記識別情報)

→ 一般的に「権利証」と呼ばれているもので、不動産の所有者であることを証明する書類です。不動産の登記が完了した時点で法務局から登記名義人に交付されています。つまり、売主様が保管しているべき書類です。

 

2.固定資産税納税通知書

→ 固定資産税額を正しく把握するために必要で、不動産所有者に毎年送付されます。手元にない場合は市役所で「固定資産税評価証明書」を発行してもらいます。

 

3.実印と印鑑証明書

→ 登記関係の書類への捺印は実印が必要です。印鑑証明書は発行後3カ月以内のものを使います。不動産に共有者がいる場合、全員分の実印と印鑑証明書が必要になります。

 

4.身分証明書

→ 運転免許証や健康保険証、パスポートなど、売主様本人が特定できるものが必要になります。不動産に共有者がいる場合、全員分の身分証明書が必要です。

 

5.間取り図

→ 建物の間取りを確認する書類です。一戸建て・マンションどちらの場合でも、不動産購入時の契約書ファイルに入っていることが多いです。分譲時パンフレットや当時の販売図面の写しでも代用が可能です。ない場合には不動産会社にご相談ください。

 

6.建築確認済証および検査済証(戸建て)

→ 建築基準法を満たして建築されたことを証明する書類で、戸建ての売却時に必要になります。戸建て取得時に交付されています。なくした場合、市役所で「台帳記載事項証明書」を発行してもらいます。

 

7.地積測量図、境界確認書(土地)

→ 土地の面積や境界線の測量を証明する書類で、土地の売却時に必要になります。土地を取得した際受領しているはずです。地積測量図が手元にない場合、登記所の窓口にて取得可能です。また、境界確認書がない場合には、土地家屋調査士や測量士に調査を依頼します。

 

8.管理規約・使用細則(マンション)

→ マンションに住むときのルールが記されている書類で、マンションの売却時に必要になります。マンションの所有者全員に配布されているはずですが、見当たらない場合は管理組合に確認してみましょう。

 

準備しておくと良い書類

○住民票

→ 不動産を登記している住所と売主様の現住所が異なる場合、必要になる書類です。3カ月以内のものを使用します。

 

○建築設計図書、工事記録書(一戸建て)

→ 建築基準法や建築士法に従っているかを確認する書類です。

 

○耐震診断書、アスベスト使用調査報告書

→ 耐震偽装やアスベスト被害がないことを確認する書類です。

 

○地盤調査報告書、住宅性能評価書、既存住宅性能評価書

→ 住まいの安全性や機能性などについて証明する書類です。

 

○購入時の契約書、重要事項説明書、パンフレットなど

 

○ローン残高証明書

 

以上、簡単にご説明しましたが、冒頭で述べたように、戸建・マンション・土地といった物件種別によって用意すべき書類や提出のタイミングは異なります。具体的な流れや詳細は売却依頼の際、不動産会社にしっかり確認するとよいでしょう。また、紛失している場合も書類によって出来る対応が異なりますので、こちらも早めに不動産会社に相談しておくことをおすすめします。

 

不動産の売却について心配なことがありましたら、お気軽に当社の無料相談をご利用ください。

那覇市・浦添市の不動産売却は【那覇・浦添不動産売却エージェント】へ

〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町3-44-7 アルファビル2F

宅地建物取引業者免許 沖縄県知事免許(3)第3922号

営業時間:9:00〜19:00 定休日:日曜・祝日(休日も予約営業致します)